地域スポーツ情報

 

     南高麗ワンデーウオークに70名が参加
 10月28日(日)に第13回南高麗ワンデーウオークが開催され、約70名が南高麗の桃源郷、黒指・細田地区への8.4キロメートルのウオーキングを満喫しました。
 当日は国際興業バスのチャーター便と定期便路線バスの2台を利用し、参加者は南高麗行政センター近くのバス停から一路間野黒指バス停へ移動、そこから南高麗地区の最西端上直竹上分地区の黒指・細田地区へ。気温も下界とは2度ほど低く、木陰では少しヒンヤリ、ウオーキングには最高のコンディションでした。帰りは上直竹地区ののどかな風景を見ながら富士浅間神社で休憩し、ゴールの南高麗地区行政センターを目指しました。
 ゴール地点の行政センターでは、南高麗地区文化祭も開催されていて、参加者は南高麗まちづくり推進委員会から無料の南高麗名物「猪うどん」を食べたり、地元農産物の販売や各種模擬店などを楽しみました。
       秋晴れの下、小学校運動会が開催されました。
 10月2日(火)に南高麗小学校運動会が、さわやかな秋晴れの下開催され、保護者や大勢の地域の方々が応援に駆けつけました。
 9月30日に恒例の地域との合同の大運動会を開催する予定でしたが、今年は台風の影響で雨天中止となり、11年ぶりに小学校単独の運動会となりました。
 例年なら各自治会のテントが立ち並び賑やかな雰囲気ですが、今回は少し寂しい感じもしましたが、それでも子どもたちは練習の成果を十分に発揮し、元気に一生懸命頑張っていました。

        リハビリ館が初優勝!!
          南高麗ソフトバレーボール大会
 第14回南高麗地域親善ソフトバレーボール大会が7月8日(日)に市民体育館で開催されました。地域から8チームが出場し熱戦が繰り広げられた結果、接戦を制してリハビリ館チームが初優勝を飾りました。
 今大会は、Aブロック、Bブロックともに大混戦の試合が続き、会場内は熱気と大声援と笑いで大いに盛り上がりました。
 なお、準優勝は下分チーム、そして第3位は小学校チームが入賞しました。
        2000人のウオーカーをお出迎え!!
     第16回飯能新緑ツーデーマーチ南高麗接待所
 第16回飯能新緑ツーデーマーチの第1日目が5月26日(土)に行われ、南高麗体育協会では今年も自治会連合会南高麗支部、南高麗まちづくり推進委員会とともに南高麗地区行政センターにて接待所を開設し、大勢のウオーカーを出迎えました。今年も天候に恵まれ、また予想されていた暑さも薄曇りの影響で少し和らぎ絶好のコンディションで接待所の運営ができました。20キロ、30キロコースの昼食時間に重なる当接待所では、今年も大勢のウオーカーが昼食を摂る姿が見られ、11時過ぎには昼食会場が満員になる盛況ぶりでした。
 毎回参加しているという都内の60代の男性は、「飯能のツーデーマーチほどボランティアが充実してて、あたたかく出迎えてくれる大会は他にはない」、また「なんと言っても緑の中を歩くのは気分がいい」と話していました。
        2018年度南高麗ペタンクリーグが開幕
 今年度の南高麗ペタンクリーグの初戦(第1節)が5月13日(日)にテラン南高麗で行われ、登録チーム8チームのうち4チームが出場して開幕しました。
 初戦に出場したチームは、前年度の優勝チーム苅生をはじめ、サボテン、タブの木A、七国クラブ東の4チーム。ペタンクリーグが設立されて3年目とあり、年々技術も向上して熱戦が繰り広げられました。この日も笑いあり拍手ありで、楽しくペタンクを通して地域のコミュニティーが図られました。