南高麗スポーツ協会の年表

歴 年     年    主なできごと
1952年 昭和27年10月27日 南高麗体育協会が設立され初代会長に市川宗貞氏が就任
  〃     〃11月 第3回飯能町民体育大会に南高麗体育協会が初参加
1953年 昭和28年 第1回南高麗地区体育祭が開催される
  〃    〃 第5回飯能町民体育大会で南高麗体育協会が初の3位入賞
1954年 昭和29年 第6回飯能町民体育大会で南高麗体育協会が2年連続3位入賞
1959年 昭和34年6月 第1回県下10マイルロードレース大会が南高麗地区を折り返し点として開催される
 〃   〃 台風の被害で南高麗地区体育祭が中止となる
1962年 昭和37年4月 南高麗地区初の飯能市体育指導委員に木崎和志氏が委嘱される
1963年 昭和38年 第15回飯能市民体育祭で南高麗体育協会が初の総合優勝を飾る
1973年 昭和48年 直竹ソフトボールクラブが発足
  〃  〃 南高麗ソフトボール連盟が発足
  〃  〃 9月 第1回南高麗中学校運動会が開催される
  〃  〃 11月 第1回南高麗壮年ソフトボール大会が開催される
1974年 昭和49年 飯能市民体育祭が種目別と地区体育祭として分かれて始まる
 〃   〃10月10日 南高麗スポーツ少年団は発足
1979年 昭和54年 直竹ソフトボールクラブが県シラコバト賞を受賞
1984年 昭和59年 第1回全国一斉ウオークラリーが南高麗地区・加治地区で開催される
1993年 平成5年 南高麗体育協会に企画委員会が設置される
1995年 平成7年4月 ソフトバレーボールクラブ「M’mix」が発足
1999年 平成11年9月 南高麗スポーツ少年団が飯能市スポーツ少年団大会で総合優勝を飾る
2001年 平成13年9月 南高麗小学校との合同による南高麗地域大運動会が始まる
2003年 平成15年5月 第1回飯能新緑ツーデーマーチが開催され、苅生地区(吉田宅)で自治連南高麗支部と南高麗体育協会で接待所を開設する
2004年 平成16年10月 第59回国民体育大会(彩の国まごころ国体)で、北海道の男子ホッケーチームが南高麗地区内で民泊する
2005年 平成17年5月17日 南高麗体育協会に常任理事制度が導入される
  〃  〃  7月 第1回南高麗地域対抗親善ソフトバレーボール大会が開催される
2006年 平成18年3月 第1回南高麗ワンデーウオークが開催される
2007年 平成19年8月1日 南高麗体育協会のホームページが開設される
 〃  〃 12月1日 南高麗体育協会のシンボルマークが決まる
 〃    12月20日 南高麗体育協会の「のぼり旗」が製作される
2012年 平成24年11月 南高麗体育協会創立60周年記念スポーツ交流大会が開催される
  〃  〃   〃 南高麗体育協会創立60周年記念誌が発刊される
 〃  〃   12月 南高麗福祉センター中庭に60周年記念樹が植栽される
 〃  〃    〃 南高麗体育協会創立60周年記念祝賀会がマロードイン飯能で開催される
2013年 平成25年12月 南高麗福祉センター中庭にペタンク場(テラン南高麗)がオープン
2014年 平成26年2月 南高麗ソフトボール連盟が解散する
  〃   〃  3月 南高麗スポーツ少年団「南高麗シャインズ」が解散する
  〃     11月15日 第1回飯能市体育協会主催の9地区体育協会対抗グラウンドゴルフ大会で南高麗チームが優勝を飾る
2015年 平成27年11月22日 第1回南高麗体育協会主催ペタンク大会が行われる
2016年 平成28年9月11日 南高麗ペタンクリーグ(MPL)が発足
2019年 平成31年3月31日 南高麗スポーツ少年団が解団する
  〃 令和元年5月25日 第17回飯能新緑ツーデーマーチが真夏日となる
2020年 令和2年3月8日 新型コロナウイルス感染防止対策のため、第10回南高麗チーム対抗グラウンドゴルフ大会が中止となる
  〃  〃  4月1日 南高麗体育協会の名称を「南高麗スポーツ協会」に変更する
  〃  〃  4月8日 埼玉県内に新型コロナウイルス緊急事態宣言が出る
  〃  〃  4月16日 令和2年度南高麗スポーツ協会の定期役員総会が新型コロナウイルスの影響で中止となる。